五月人形の人気・流行とは | ひなラボ

コラム(五月人形)

2019.11.05

五月人形の人気・流行とは

五月人形を選び始めたけれど、種類がたくさん!
「どういうものがいいのか、正直わからない…」「実家の親が勧める五月人形は正直趣味じゃないし、温度差がある気がする…」
今はどんな五月人形が人気なのでしょうか?現代の生活にフィットしている五月人形とはどんなものでしょう?

五月人形の種類ー鎧飾り

五月人形の種類には、鎧飾り、兜飾り、子供大将飾りなどがあります。

昔からあって、伝統的な形式といえば、五月人形・鎧飾りです。
逞しく、威厳の感じられるボリューム感が魅力です。
「長男には鎧」という地域もありますので、ご実家で飾られていたという方もいるかもしれませんね。

もともと、昔の人にとっての鎧とは文字通り体を護る、ひいては「命を守る」ものでした。
単なる武具ではなく、神様が宿っていて、鎧を飾ることで病気や災厄をはねのけると感がられていたのです。

鎧は体全体を覆う武具ですから、サイズも大きくパーツも多いため、購入金額の相場は10万円~20万円程度のものが一般的とされています。
ただ、昨今は時代に合わせて鎧飾りもコンパクト化してきています。

五月人形の種類ー兜飾り

コンパクト志向の現代、五月人形の主流となってきたのが、兜飾りです。

鎧の頭部分だけ残した形の兜飾りは、鎧という武具本来の省略版ともいえる形式ですが、
体の中でいちばん大事なところは頭である…というところから、一番「肝」の部分として飾られるようになりました。

兜飾りの種類は、平安時代、室町時代、江戸時代など、実在する勇将の模写のものから、
デザイン性にこだわった創作兜まで、様々なものがあります。
現代はSNSブームも相まって、「お子様のお写真を取りたい」という要望も多く、
お子様が実際にかぶれる着用兜の人気も高まってきています。

兜飾りの相場は材質にもよりますが、5-10万円くらいが通常タイプ、
甲冑師や名のある作家ものでは、15万円以上が主流となっています。

五月人形の種類ー最近の流行は?

最近、特に人気が出てきたのは、五月人形飾りとして古くから人気のある、子供大将飾りの「可愛いバージョン」です。
子供大将飾りとは、小さな男の子のお人形が、鎧や武具を身に着けて、勇ましいポーズをとっているものです。

もともとは、顔が幼くとも、威厳のある強くたくましいスタイルが好まれてまいりましたが、
ここのところは、小さな幼児の愛らしさやあどけなさをそのまま残したような、おぼこタイプの可愛らしい子供大将が多く、
人気が高まっています。

もともと五月人形はお父さん、雛人形はお母さんが選ぶというご家庭が多かったのですが、
最近は両方ともお母さんが選ぶことが多く、勇ましさよりは親しみやすい愛らしさが注目されるようになってきました。
また、SNSなどでお子様と一緒の写真を投稿される方が増えたことからも、より可愛らしいものが好まれています。

そもそも「五月人形」というくらいなので、お顔のついたお人形スタイルは定番品。
若いお父さん、お母さんにも、両家の祖父母世代にも抵抗なく受け入れられます。

そんな可愛らしい子供大将は、お人形のためのミニチュア鎧をどれだけしっかり手掛けるか、
お顔もどれくらい作り込むかで、お値段が変わってまいります。
おおよそ7-13万円くらいが人気の相場ですね。

ちりめん雑貨やキャラクターのものの五月人形

簡単に気軽に飾れる五月人形として、ディスニーなどのキャラクターものや、ちりめん生地の和雑貨などもございます。

五月人形の手仕事の職人の作り込みとの差を考えると、季節のお飾りとして脇に添えて飾るのは好評ですが、
一生モノとしては意見の分かれるところのようです。

お節句飾りは手仕事の連続のものが多く、その分高価です。
そちらに比べると、樹脂や大量生産できるものは、やはり安価にはなります。

手作り品は再現性が低く、厳密には世界に2つと無いものになります。
ただ一人の大切な我が子への贈り物として、そうした手作り品を贈られるというのは、
五月人形の本来の意味にとっても非常に馴染むものではないかなと思います。

一戸建てと集合住宅

昨今のコンパクト志向に大きく影響しているのが、現代の住環境です。

都市部の集合住宅など、収納場所や飾るスペースが限られているところが多く、
またお引越しを見据えて、なるべく手軽に飾れ、コンパクトなものをと考える方が多くなっています。
マンション用として、鯉のぼりと兜飾りとセットでサイズを抑えた商品も出ています。

また、以前は内飾りとして鎧飾りを、外飾りとして鯉のぼりを、と両方飾る方もいましたが、
現代では鯉のぼりか内飾りのどちらか片方だけを購入される方もいます。

一方、一戸建ての場合、かつては長男に豪華絢爛な鎧飾りを購入し、
次男・三男には一般的な五月人形を購入する、という家庭が主流でしたが、
現代では家庭観が変わってきていることから、兄弟にそろって同じタイプを用意される方も多いようです。

編集部の一言

五月人形は、安価なものから高価なものまで、
大きなものから小さなものまで、値段もサイズも形状も、実にさまざまです。
ご家庭の環境やお好みに合わせて、ぜひこれはという一式を購入したいものですね。

コラムを探す