雛人形の一般的な飾り方 | ひなラボ

コラム(雛人形)

2019.12.17

雛人形の一般的な飾り方

念願の雛人形を購入し、いざ!と箱から取り出してみると、大小様々なサイズの箱があり、それぞれにお人形や細々としたお道具が出てきて途方に暮れてしまった…なんて方もいるかもしれません。
いったい何をどこへ、どのように飾ればよいのでしょう?
ひな祭りを迎える前に、基本の飾り方をおさらいしておきましょう。
飾り方は、商品によってもかなり違いがありますが、ここでは一般的な七段飾りのお人形と、お道具の並べ方をご説明します。

一番上の段に飾るお人形とお道具

最上段には、男雛(殿)・女雛(姫)の親王二人を飾ります。
一般的には向かって左に殿、右に姫を飾りますが、これは関東(江戸)風の飾り方。
京雛・京人形など関西(京)風の一部のお雛様は、殿と姫の左右が逆になります。
これは、位の高い人は左側に立つという、日本古来の「左上座」に基づいたもので、以前は雛人形もこれにならった飾り方をしていました。
ところが近年になって欧米の「右が上位」という習慣が国際儀礼として伝えられたために、これがお雛様にも反映されていきました。
しかし現代でも、都のあった京都を中心とした関西地方では、伝統を重んじて「左上座」の配置を守り続けています。
したがって、殿姫の並びは向かって左に殿を置くのが関東風、右に殿を置くのが関西風ということになります。

お道具は、殿姫の背後に屏風を、両脇にぼんぼりを飾ります。
昔の結婚式は夜間行われていましたから、明かりのためのぼんぼりは欠かせないものでした。
二人の間には、瓶子と呼ばれる花瓶に口花を挿した台「三方(さんぼう)飾り」を置きます。

二段目・三段目・四段目に飾るお人形とお道具

二段目は三人官女を飾ります。
座っている官女を真ん中に、両側に立っている官女を飾ります。
持ち物は、向かって左の官女は提子(ひさげ)、中央の官女は三方(さんぼう)、右の官女が、長柄銚子(ながえのちょうし)を持たせます。いずれもお酒を注ぐ給仕のための道具です。
官女と官女の間には、丸餅を乗せた台を置きます。

三段目には、五人囃子(ごにんばやし)。雅楽の五楽人(ごがくじん)のこともあります。
婚礼のお祝いの音楽を演奏するために、五人囃子はそれぞれに楽器を持っています。
向かって左から、太鼓(たいこ)、大皮鼓(おおかわつづみ)、小鼓(こつづみ)、笛、と並んで、扇を持った謡(うたい)手が右端です。鳴り物の大きな音の順に並んでいます。

四段目には、随身(ずいしん)を飾ります。向かって左に若者(右大臣)、右に年配者(左大臣)を飾ります。
古来の左上位にならって、殿姫側から見て左側(上位)が、年配者の左大臣となります。
随身の間には、菱餅やお膳が置かれます。

五段目・六段目・七段目に飾るお人形とお道具

五段目には、仕丁(しちょう)(別名・衛士(えじ))という外出時の従者らが置かれます。
笑い、泣き、怒りの表情があり、三人上戸とも呼ばれます。
持ち物は、向かって左から、台笠(だいがさ)、沓台(くつだい)、立傘(たてがさ)。
関西(京)では箒(ほうき)、ちりとり、熊手というお掃除道具になります。
仕丁の両端には、向かって左側に橘(たちばな)、右に桜の花飾りが置かれます。
桜橘の左右の並び順は、平安京の紫宸殿に飾られた「右近の橘 左近の桜」にならっており、右近左近の左右は殿姫側から見たときの表現です。
仕丁の間にお膳が置かれる場合には、桜橘は七段目に移動します。

六段目には嫁入道具が並びます。
向かって左から、箪笥(たんす)、長持(ながもち)の上に挟箱(はさみばこ)、鏡台、針箱、表刺袋、火鉢、茶道具などが基本です。商品によって内容が異なります。

七段目は御輿入(おこしいれ)道具を置きます。
向かって左から、御駕籠(おかご)、重箱、御所車(ごしょぐるま)。
左右の端に、桜橘の花飾りが置かれる場合もあります。

きれいに飾るコツとは?

きれいに飾るには、まず中心を決めてバランスよく飾ることです。
各人形の目線を少しずつ中央に向けるよう意識すると、お人形が生きてきます。
お人形を触るときは手袋などをして、段の上の方から飾りつけましょう。誤って落としても下のお人形を傷つけることがありません。
また、箱から出す前に何の箱がどこに収まっているか、収納してある状態を写真におさめておくのも、片付ける際に便利なのでおすすめです。

編集部の一言

1つずつ手にとって、楽しみながら飾るのもお雛様の醍醐味。
楽しく飾って、晴れやかなひな祭りをお祝いしましょう。

コラムを探す