住宅スタイル別の雛人形の人気・流行とは | ひなラボ

コラム(雛人形)

2019.12.10

住宅スタイル別の雛人形の人気・流行とは

ひな人形を調べ始めると、種類がたくさんあることに気づいて、もはや何を基準に選べばいいか分からない!
という方も多いのではないでしょうか?

インターネット上の人気ランキングを見ても、価格差の理由も分からず、サイズも、色も、形も、種類が多すぎて
どれが我が家にふさわしいのかわからない…とご質問を多くいただきます。

ネットでよく見るひな人形の人気ランキングは、一般的に、価格✕数量のうち、
特に数量を多く販売した場合に掲載されることが多く、低価格のものの掲載が多いようです。

そこで、ひなラボ編集部が最新のひな人形の人気や流行を調べてきました。

一戸建ての雛人形の人気・流行は?

最近は、近年の住宅事情に合わせたコンパクトな雛人形がたくさん出ています。

戸建住宅で、飾るスペースや収納スペースに問題がない場合、
高い人気を誇るのが 【三段飾り】 です。

豪華で見栄えがするもの、でも七段飾りほどの大きさは必要ない…という方にとって、
三段飾りは存在感と飾る手間のバランスがちょうどよく、贈る側にとっても贈られる側にとっても満足感があるものです。

小さなお子様にとっては、自分の背丈よりも高い、迫力のある段飾りは、憧れで印象深い雛人形になることでしょう。

一口に三段飾りと言っても、
幅が135cmの【特大】サイズ、
120cmの【大】サイズ、
90cmの【中】サイズ、
70cm【小】サイズと、
大きさはさまざまです。

親の世代に飾っていたものは120cm(大)以上が多いですが、現在は90cm(小)以下のサイズにシフトしています。

従来からの組み立て式の飾り台だけでなく、簡単にしまえる収納式三段飾りが、
祖父母世代の思いと、お飾りになるお母さんの思いのちょうどよいところということで、人気があります。

収納式の三段の中でも、階段型の飾り台のままで、背面から入れる階段型収納から、
引き出し式収納飾りに流行が変化してきました。
引き出しを引き出して飾り、しまう際はコンパクトになりますので、無駄がなく好評です。

「ひな人形はどのような基準で選ぶの?」とアンケートすると、やはり
「住環境に合わせてひな人形を選ぶ」という回答が第1位になります。

自宅の広さ、飾る場所のバランスに応じて購入することは、インテリアや生活スタイルへの調和という意味で、良い選択ができます。
また、将来、家が大きくなることですとか、夢や未来を想像しながら思いを馳せるのはとても楽しいですね。

お子様とご家族が一緒に楽しみながら飾る時間は、親子にとって、とても思い出深く、あたたかい時間になることでしょう。

マンションの雛人形の人気・流行は?

昨今、住宅事情に合わせた超コンパクトサイズの雛人形もたくさん出てきました。

一般的に、マンション住まいの場合は、戸建住宅に比べ収納スペースの確保が難しいことが多く、
コンパクトな雛人形が人気があります。

「本当は、豪華な段飾りを飾ってあげたいけれど、スペースが確保できないし・・・ムリかな」
そんなお悩みを持つ方に人気があるのは、立体感と華やかさがある、コンパクトな収納式の段飾りです。
特に人気が収納式の三段飾り。
その中でも、幅65-75cm程度のコンパクトなものは、収納もかさばらないし、簡単にお片付けできるので手間もかかりません。
なるべく豪華な雛人形を贈りたい…という祖父母世代の思いと、
実際にお飾りになるお母さんの、できるだけ手間いらずなものを、という思いのちょうどよいところで、人気があります。

収納式の三段も、以前は背面から入れる階段型収納飾りが人気でしたが、
近年は飾り台の前面から出し入れできる、引き出し式収納飾りに流行が変化してきました。

サイズはコンパクトでも豪華さのある毛せんタイプや、木製飾り台タイプがよく選ばれています。
毛せんの緋色には、強い生命力や魔除けの意味があり縁起もよく、白いお顔のお雛様を引き立ててくれます。
また、木製のものは、落ち着いた風合いで気品が感じられるますので、
和室に飾る場合だけでなく、洋室に飾る場合にも雰囲気が良くやわらかい印象で、
北欧インテリアなどにもよく馴染み、こちらも人気が高いです。

また、一段の収納飾りや、ケース飾りも人気です。
その場合は、男雛と女雛の2人飾りより、三人官女を加えた5人飾りが人気のようです。
ケース飾りはガラスケースが主流ではありますが、アクリル製が軽くて安全なため好評です。

雛人形には、男雛・女雛2人のお内裏様の他、5人~15人のお人形が飾られ、それぞれの人形に意味と役割があります。
雛人形はお子様の災厄を担う身代わり人形ですから、雛人形にたくさんのお付きがいるのは、
お子様がこれだけ多くの人に支えられている、という表現でもあるのです。

飾る場所・しまう場所を考えつつも、なるべく豪華に華やかに飾ってあげたいものですね。

アパートの雛人形の人気・流行は?

アパート住まいの場合は、収納スペースを考慮して、特にコンパクトな雛人形が人気があります。

一番人気はケース飾りです。特に幅50cm前後のものが人気です。
これは従来の幅65-70cmのケース飾りよりひと回り小さくなっています。

さらにケース部分がガラスではなくアクリルのものは、軽い上に割れにくく、安全性が高いと好評です。
幅40cm以下のケース飾りもありますが、職人が手仕事でお顔を作りますから、
あまりにサイズの小さすぎるものは、職人の手では表情を出すのが難しくなってきます。
お子様のお祝いはにっこり表情の良いお人形をおすすめします。

幅65cmを飾れる場合は、男雛・女雛の2人飾りより、三人官女を加えた5人飾りが人気のようです。
5人飾りでは表情豊かな人形は、この65㎝くらいのサイズからかなと思います。
また、コンパクトな人形の多い木目込人形をもおすすめです。
木目込人形は木の粉などを固めたボディに、衣裳のシワを表現する溝を彫って、
衣装を人形の体の溝にはめ込むようにして着せていくもので、コロンとしたフォルムやあどけないお顔が人気です。
技術的に小さいお人形を作るのに適していて、都心部やアパートなどの集合住宅にお住まいの方、
転勤族のご家庭では、特に木目込みを選ばれる方が多くなっています。
木目込み人形と一口にいっても、ケース飾りから三段飾りのようなものまで各種揃っています。
トップブランドの真多呂の雛人形、女流作家で人気の一秀をはじめ、
渋い配色が人気の柿沼東光や、独特の味わいがある幸一光、
とってもかわいいお子様のお顔をした最新ひな人形”ひなまりの雛人形”、”ふらここの雛人形”などが出てきております。

編集部の一言

雛人形は、古くから伝わる伝統文化ですが、昨今の住環境に合わせ、どんどん変化しているのが分かりますね。
煌びやかで豪華な雛飾りを、いかにコンパクトに収納できるか、無駄の少ない設計のものが増えてきています。
また、安全性への配慮も高まってきており、お子様が万一あたっても安全なように角を丸めていたり、
柔らかい桐材を使用したり、割れにくく軽量なアクリルケースも人気です。

お子様とご家族が一緒に楽しみながらお雛様を飾る時間は、親子にとって、とても思い出深く、あたたかい時間になることでしょう。
お子様の笑顔のあふれる将来を、確かなものでお祝いしたいですね。

コラムを探す