雛人形の処分方法 | ひなラボ

コラム(雛人形)

2019.12.13

雛人形の処分方法

女の子が生まれて初めて迎える三月のお節句に、健やかな成長と幸福を祈って飾る雛人形。
いつしか自然にそのお役目を終える時が来ます。
女の子が成人したとき、結婚して家を出るとき、お引越しをするとき…
手放すタイミングは人ぞれぞれですが、ご家族とともに、女の子の成長を見守ってきたお雛様は、女の子本人にも、ご家族にも、愛着のあるものですね。
ごみとして処分するのには抵抗がある…という方も多いのではないでしょうか。
不要になった雛人形を手放すには、いったいどのようにするのが良いでしょう?

雛人形の処分方法 その1.社寺での人形供養

全国には、雛人形や五月人形などの節句人形の供養を行う所がたくさんあります。
お雛様の処分で迷われている方に、真っ先にご提案しているのが、この「供養に出す」という方法です。
お住まいの地域に引き受けている社寺があれば、そちらに相談してみるのがおすすめです。
また、「人形感謝祭」などと称して大々的に供養祭を行うところもあり、お人形を持ち込めばたくさんの節句人形と共に供養してもらえます。
場所によって事前受付のところ、当日持込のところ、また一般的に初穂料が必要なことがありますので、ご注意ください。

もし、お住まいの地域でそういった社寺・供養祭のイベントがあるかわからないという場合には「一般社団法人 日本人形協会」が、全国の人形供養を行う社寺の案内しています。
また、同協会では、お人形を郵送で引き取り、人形供養を代行するサービスも行っています。
このサービスは1年中受け付けていますので、お近くに人形供養を行う神社やお寺がない場合にもご利用いただけます。
受付サイズの規定や、供養料などの詳しい内容については、日本人形協会のHP等でご確認ください。

一般社団法人 日本人形協会HP
http://www.ningyo-kyokai.or.jp/

雛人形の処分方法 その2.寄付をする

昨今、街おこしとして全国各地で雛祭りイベントが開催されています。
こういったイベントでは、雛人形の寄付を受け付けていることがあります。
時期や受付方法はイベントごとで異なり、保管料が必要な場合もありますので、事前に問い合わせるのが安心です。
また、NPO法人のボランティア団体でも、寄付を受け付けていることがあります。
こちらは、国内の保育園や幼稚園、病院や介護施設に引き取られたり、国際交流として海外に贈られることもあるようですね。

雛人形の処分方法 その3.専門業者での買取

まだまだ状態が良く、処分するにはもったいない…という雛人形は、専門業者へ買取ってもらうという方法もあります。
一般的に、お人形屋さんでは雛人形の買取は行っていませんから、リサイクルショップや美術品買取業者、骨董品買取業者などを探してみましょう。
出張査定や、遠方の場合にはメールなどで査定を受け付けていることもあります。

ただ、お雛様は「縁起物」ですから、中古の雛人形の需要はそれほど高くはなく、買取へ出しても値がつかないことも多いようです。
ただし、有名メーカー・工房の雛人形や、名のある人形師の手による雛人形、代々伝わる年代物の雛人形などの場合には、きちんと買取価格がつくこともあるようですので、処分の前には一度確認してみると良いかもしれませんね。

娘や孫に引き継いでもいいの?

大切なお雛様を、誰かにあげたり処分するくらいなら、自分の娘や孫に引き継ぎたい…とお考えの方もいるかもしれません。
本来、雛人形は、お人形を贈られた女の子を守るための身代わり人形ですので「1人につき1体」その子だけの雛人形を用意するのが望ましいとされています。
どうしても手放したくない…という場合には、ぜひ、娘さんやお孫さんの雛人形の隣に、ご自身のお雛様を飾ってあげましょう。

編集部の一言

女の子が生まれたときに、その子の災厄を代わりに背負い、女の子の健やかな成長と幸福を願って贈られる雛人形。
お子様の成長を見守り続け、お役目を終えたあとは、どのような処分方法であれ、感謝の気持ちをこめてお別れしてあげたいですね。

コラムを探す